地盤調査の試験方法~標準貫入試験

お墓の基礎工事 土木工事

標準貫入試験

地盤調査に使用される標準貫入試験

標準貫入試験は、土木工事で一般的に地盤調査に
使用されている工法です。

大雑把に言うと、
筒をエンジンで持ち上げて落とす
という行動を何度も繰り返し、

その抵抗等から地質を調査する
方法です。

スゥエーデン式サウンディング試験では
調査が不十分になる場所に持ちいれらます。

標準貫入試験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真は、3m程度の高さのあるL型擁壁を施工した際に、
市役所の建築課の指示で標準貫入試験をした時のものです。

墓所に用いる時もありますが、
余程地盤が悪くサウンディング試験で
支持層が発見できなかった時や、
かなりの重量物を施工する場合等に限られます。

標準貫入試験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標準貫入試験はサンプルとして
実際の地質を目視で確認できます。

確実性のある試験であり、
土質柱状図・地層断面図に整理され、
構造物の支持層の分布状況や各地層の
連続性などを総合的に判断できるため、
建設工事の基礎資料として利用され、
構造物基礎の設計にも利用できます。

標準貫入試験

 

 

 

 

 

 

墓所の地盤に関する記述

墓所の基礎工事①~最も大切なのは地盤

« »

“地盤調査の試験方法~標準貫入試験” への1件のコメント

  1. […] 簡易的なスウェーデン式サウンディング試験でなく、 しっかりと標準貫入試験を、 行いそのデータを元に構造計算をしました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です