真壁小目石の小叩きの宝塔のある永代供養墓③~宝塔据付完了

手作りのお墓

茨城県産真壁小目石の国産加工の宝塔

青みがかった小叩き仕上げの真壁小目石の宝塔

真壁小目石の宝塔の据付工事が終わりました。
墓地に非常に映える存在感のある宝塔に仕上がりました。

出来栄えにご住職様も大喜び
「素晴らしい!!」
とお褒めの言葉をいただきました。

茨城県産真壁小目石の国産加工の宝塔品質と歴史には折り紙付きの格式高い
「真壁小目石」を贅沢に使用した小叩き仕上げの宝塔と

これまた、歴史と実績に裏付けされた
「稲田石」の外柵とのコラボレーション

ちょうど一緒に墓地工事に入っていた
他店の石材店でも驚嘆していて
「これは、石材新聞にでも載せなきゃダメだ。」
と言っていました。

茨城県産真壁小目石の国産加工の宝塔ここまでの仕事をさせてくださった、
ご住職様に感謝です。

本当に石屋冥利に尽きる仕事です。

弊社の総力を挙げた仕事です。
弊社で採石した稲田石と地元の真壁小目石を材料に
毎日、一つ一つの部材を丁寧に仕上げ加工し
そして施工し据えつけていきます。

基礎工事だけで1月掛かった土木工事も含め、本当に総力戦です。

納骨堂は1600mmの高さのある空洞になっているのですが、
宝塔の真下には500mm各の柱を設け、
荷重を支えるようになっています。

茨城県産稲田石の法名簿裏には戒名を彫った石をはめ込む法号簿を作りました。
これは大変倒れやすい構造になっているので、
210mmの柱は全て300mmほど
コンクリートで巻き込んであります。

施工は難しいです。

戒名を掘る石はインドのクンナムを予定しています。

茨城県産稲田石の法名簿

笠の裏側には水切りが設けてあります。
これで石伝いに伝わってきた水を切ります。

これから周辺の洗出しの通路や大谷石の塀、
そしてちょっとした庭園を含めまだまだ工事は続きます。

 

真壁小目石の小叩きの宝塔のある永代供養墓①~宝塔の加工の様子
真壁小目石の小叩きの宝塔のある永代供養墓②~基礎工事
真壁小目石の小叩きの宝塔のある永代供養墓③~宝塔据付完了
真壁小目石の小叩きの宝塔のある永代供養墓④~黒那智石と稲田石の対比
真壁小目石の小叩きの宝塔のある永代供養墓⑤~本クンナムの墓誌
真壁小目石の小叩きの宝塔のある永代供養墓⑥~洗出し通路の途中経過
真壁小目石の小叩きの宝塔のある永代供養墓⑦~完成

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です