イオンモール幕張新都心の稲田石の記念碑

イベント

DSC_0508

新しく幕張にオープンしたイオングループの旗艦店であるイオンモール幕張新都心にイオングループの植樹活動1000万本を記念して羽黒石材工業の稲田石の原石を使用した記念碑が建てられました。

イオンの植樹活動は、1991年にマレーシアからスタートし、国内では1992年にジャスコ新久居店(現イオン久居店)から始まり、国内外で新店オープンに合わせて地域に自生する樹種の植樹活動を展開。これまで国内810カ所、海外9カ国におよぶそうです。

【写真は記念碑に字彫をした(有)保坂字彫さまの提供です】

DSC_0509

 

 

 

 

 

 

 

 

 

㈱阿曽石材様の設計・施工でご担当者と設計者様には、弊社の採掘山まで稲田石を見に何度も足を運んでもらい選んでもらいました。

『野趣溢れる自然な石の形をなるべく活かしたい』

とのことでだいぶ悩まれて厳選されていました。

稲田石の原石

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イオンでは、グループ企業の税引前利益の1%を環境保護活動や地域貢献活動に活用する『イオン1%クラブ』を1989年につくり、『イオン環境財団』を1990年に設立しました。
1000万本も植樹をするというのは並大抵のことではないと思います。
この壮大な事業の記念碑に羽黒石材工業の稲田石を使用していただいたことを大変光栄に思います。
稲田石の原石加工

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白さが映えるクリーンなイメージの『稲田石』は記念碑やモニュメントに使用すると引き立ちます。

羽黒石材工業、記念碑などの石材建築のカテゴリー
モニュメントのカテゴリー

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です