【稲田石採掘元もびっくり!】お墓に使用する新種の石!?新稲田石って何?


新稲田石・中国稲田石・本稲田石 この中で本物の稲田石はど~れだ?

↑こちらは最新の記事です。

石の名前はあってないようなもので、
本当に色々な名前を勝手に付けられています。

それはそれでいいのですが、
茨城県産の銘石である、
『稲田石』の名前を冠している石があるのです。

 

いや、間違っても茨城県の稲田で、
採れた石じゃありませんよ。

 

それでは、
【稲田石採掘元もびっくり!】お墓に使用する新種の石!?新稲田石って何?
をお送りします。

スポンサーリンク

 

墓石に使用される新種の石!?新稲田石って何?


新聞の折込チラシの墓石の広告。
見てみると『新稲田石』と、
呼ばれている石があります。

『新稲田石!?』

うちの会社は茨城県で稲田石を採掘している会社です。

嫌でも気になりますよね(汗)

 

この石の正体は、
中国の福建省で採れるG655という石です。
中国稲田とも呼ばれることもあります。

 

見た目は、稲田石に似ています。

稲田石は白さが特徴なのですが、
G655も中国産の花崗岩にしてはかなり白くなります。

素人目には区別がつかないかもしれません。

 

ただし、墓石として屋外に使用すると、
1年も経てば稲田石とは明らかに差が出てきます。

G655は全体的に色がくすんできて、
微妙に赤みを帯びてくるんですね。

 

石は、一つ一つの鉱物の結晶の集まりであり、
その鉱物が石の性質を決定づけます。

日本の花崗岩は、中国産の花崗岩と比較して、
お墓のように屋外で使用するのに向いています。

数年後~数十年後に風化という形で、
はっきりと差が出てきます。

 

加工の磨き方によっても、
のちのちの劣化の差として表れてきます。

日本では、日本人が丁寧にお墓を磨いて仕上げています。

雑に扱って、早くお墓を加工しようとすると、
石の表面が劣化に弱くなります。

スポンサーリンク

 

稲田石は我々にとって大切な石であり誇りです。


稲田石は、我々にとって特別で大切な石であり、
誇りでもあります。

昔から採石され様々な建築物にも持ちいれられてきた、
歴史と由緒のある石です。

 

安易に名前を利用して『新稲田石』
など名乗るのは止めて欲しいです。

稲田石と新稲田石(G655)

左が稲田石、右がG655です。

見た目は、
似ているけど中身の鉱物の構成はだいぶ異なります。

それが、石の面白いところでもあるんですけどね。

 

大切に、育ててきた『稲田石』のイメージを、
簡単にマネて、奪い取るようなネーミングは、
大抵許せるものではありません。

本当に、こんな安易なネーミングは、
辞めて欲しいものです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ


稲田石に限らず、日本全国の銘石が、

名前をパクられています。

こういった名前を見かける度に、
悲しくなります。

 

名前を付けるにしても、
最低限の配慮はしていただき、
オリジナリティのある、
既存の石種に迷惑を掛けないような、
名前にしていただきたいものです。

国産墓石の悩み
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*