新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

尖閣諸島の魚釣島に羽黒石材工業の稲田石の記念碑があります。


こんにちは、茨城県で稲田石を採掘してお墓をつくる会社。

羽黒石材工業の中野です。

一般土木工事や石材建築も行っています。

 

羽黒石材工業は、現在で4代目になる老舗石材店です。稲田石と言えば日本の近代化にも貢献した石であり、様々な日本を代表する建築物にも用いられてきました。

 

尖閣諸島の魚釣島に羽黒石材工業の稲田石がある?


 

そういった経緯もあり、昔は面白い仕事も多かったようです。

アメリカのオクラホマ州まで灯篭を取り付けに行ったこともあると聞きます。

 

これから話す内容は、社長から聞いた話です。本人が入社する以前の話であり、事実確認は取れていない(古過ぎて取れない)ので話半分で聞いてください。

1970年代に埼玉の石材店から尖閣諸島にある魚釣島に建てる記念碑の受注を受けました。大元の発注主は埼玉県在住の当時の魚釣島の地権者です。(テレビや新聞で話題になったあの人です)

 

当時の職人(10年ほど前に退職しています)が土台が稲田石、石碑が黒みかげ石の記念碑を作りました。

それを自衛隊の庇護の元、魚釣島の現場に取り付けに行くことになっていたのですが、国の許可などの問題で話が流れてしまいました(と本人は語っていたそうです。)

 

ところが、最近になって先代である会長がTVで中国人が魚釣島に上陸した時の映像を見た際に『あれ、うちで作った記念碑が建ってる』と言ったそうです。

映像は直に変わってしまったので真偽はわかりませんでした。

 

社長は笑いながら話していましたが、私は衝撃を受けました。

『社長、それはちょっとすごいことですよ。調べてみましょうよ。』

とそんなものあるわけないという社長を他所に、ネットで検索してみました。
魚釣島の陸地にやぐらと碑が見えた asahi.comより
魚釣島の羽黒石材工業作の記念碑?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社長『これだ、これだ、あるもんだねー』

『あー、これは稲田ですねー』

海辺の過酷な環境でも白くてキレイな稲田石がわかります。
防衛省、潜水艦を22隻態勢へ!!日米同盟に迫り来る中国の脅威!!   行雲流水の如しより
魚釣島の稲田石

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石碑も土台も三つにわかれているのは、自衛隊がヘリででも運搬できるようにだそうです。

 

本当なのか噓なのか、今更確かめようのない話ですが、確かなのは写真を見る限りは稲田石が魚釣島にあることはほぼ間違いなく、そして当時稲田石を採掘していた業社も限られているということです。

自然と加工会社は絞られてしまいます。

かなり信憑性のある話だと言えるのではないでしょうか?

 

 

こちらでも情報を発信しています!!

石に関することお墓に関することを楽しく紹介しています!!

羽黒石材工業 Facebook

中野良一  FacebookTwitterInstagram

羽黒石材工業では、石材加工業社向けに稲田石原石を販売しています。

また、全国の石屋さんにお墓を始めとした石材製品を卸しています。

顧客満足を上げる為にお墓を加工している様子や、稲田石採掘場を見学したいという方はご連絡ください。

まずは、お気軽にご相談くださいませ。

 

国産加工の魚釣島にある石碑
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*