新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

興味がないかもしれませんが、営業中野の一日密着取材!!


こんにちは、茨城県で稲田石を採掘してお墓をつくる会社。

羽黒石材工業の中野です。

一般土木工事や石材建築にも携わっています。

 

ここのところ休日出勤が多いです。年度末なので仕方がありません。

どこの現場も工期間際でピーピーいっています。

 

 

興味がないかもしれませんが、営業中野の一日密着取材!!


 

どこに需要があるのかさっぱりわかりませんが、そんな私の一日を密着取材させていただきます。誰が取材するって?自分でするのです。

朝からメガソーラーの現場に行ってきました。敷地面積は約50000m2、発電所出力容量は3000kWpぐらいだそうです。元の商業高校跡地に作っています。

太陽光発電兎に角、広大な土地に多くのパネルを設置します。他業者さんが、杭基礎に架台を取り付けパネルを設置しています。

弊社では、集電装置などを載せる基礎を工事しています。午前中いっぱい、私がバックホウ(0.4m3級)のオペレーターをしました。重機オペは効率良く動いて作業員を遊ばせないように段取り良く仕事を進めるのが重要です。

オペレーター目線の写真です。

太陽光発電基礎砕石の敷均しです。砕石を所定の高さに敷均し1tローラーにて転圧をします。蛇のようにうねる黒い管はエフレックス管といい電気工事にはよく用いられる管です。

このジャバラの構造は中に複数の電線管を通しても抵抗が少なくうまく引っ張れるようになっている優れものです。

太陽光発電このバックホウ、借りるのにかなり苦戦しました。当初は1クラス下の0.25m3級を借りようとリース屋に10件ほど声を掛けましたがすべて全滅で、しかたがなしに0.4m3級で探しましたが、それもまた苦労してやっと見つけました。

東日本大震災の復旧に借り出され、全国区の最大手リース屋にないのだから話になりません。

 

弊社にも採掘山の重機を除いて、0.25m3は2台、0.4m3も2台あるのですが、フル稼働で使用できません。

人手不足の重機不足です。

午後は、高速を飛ばして50kmほど離れた墓所の開眼供養にて納骨、立会いをしました。

クンナムと稲田石のお墓すごくシンプルなお墓です。この墓地の決まりで外柵を高く作ってはいけないそうです。

シンプルなだけに、石の良さがモロに全面に出ます。

クンナムと稲田石のお墓この黒みかげ石はGEM社のQ4、本物のクンナムです。ここの墓地は黒みかげ石の石塔が多く、様々な黒みかげ石があるのですが一際異彩を放っていました。

同じ黒みかげ石でも黒さが違います。それがまた白い稲田石と合わせると見事に映えます。より黒さが強調されます。

クンナムと稲田石は墓石における最高の組合せの中の一つだと思います。

お客様は字彫りの字体を気に入られた様子で、クッキリハッキリ見えることを喜んでいられました。

クンナムと稲田石のお墓ただ、サンドブラストで掘っただけなのに、まるでペンキでも塗ったかのようにハッキリしていますね。

えっ!?一日密着取材がこれで終わりなのかって?

はい、開眼供養の後は施主様のご自宅に招かれてお茶をゆっくりいただいて会社に帰りました(^◇^)

 

 

こちらでも情報を発信しています!!

石に関することお墓に関することを楽しく紹介しています!!

羽黒石材工業 Facebook

中野良一  FacebookTwitterInstagram

 

羽黒石材工業では、石材加工業社向けに稲田石原石を販売しています。

また、全国の石屋さんにお墓を始めとした石材製品を卸しています。

まずは、お気軽にご相談くださいませ。

 

重機作業
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*