新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

羽黒石材救急病院~石材の復旧工事は手間もお金も掛かるもの


こんにちは、茨城県で稲田石を採掘してお墓をつくる会社。

羽黒石材工業の中野です。

一般土木工事や石材建築にも携わっています。

 

小学校の記念碑が割れました。

大正時代に作られたものだそうで、校舎の解体工事に伴い移動しようとしたら倒れて割れたそうです。

 

 

割れた石は簡単に元には戻らない。


建設業関係の業社様からのツテで緊急に見て欲しいとのことで、直に見に行きました。

羽黒石材工業では建設業も営んでいるので、こういった石に関係する仕事や相談をよく受けます。

このブログにもテラゾータイルの補修の記事を載せましたが、補修工事はとても難しいんです。得てして高額になりがちです。

石の記念碑が割れる石が大きく割れ、表面も剥離しています。

石種はグレーの糠目石で、何石かは判別できませんでした。

 

さて、この記念碑を直して欲しいとのことですが、一筋縄ではいきません。

以前、同じようなケースで稲井石(仙台石)を復旧したことがありますが、大変苦労しました。

 

復旧方法としては、

①高圧洗浄機、ワイヤーブラシ等を使用し、石肌をキレイにして修復可能かどうか判断する。

②大きく割れた部分同士を差し筋とボンドで接着する。

③剥離した石の隙間に接着剤を流し込む、完全に剥がれているものは接着剤を塗布し付ける。

 

ボンドは直に接着しません。5日間ぐらいにわけて地道に接着していきます。当然、人件費も経費も掛かります。

また、ボンド等の副資材費に掛かる金額が馬鹿にならないくらい掛かります。以前の稲井石のケースだと黙って15万円程度の費用が掛かりました。接着剤だけでです。屋外使用のボンドは高額です。

 

黙って室内用を屋外で使用している業社は多々見かけます。2液を混合するエポキシ樹脂系のボンドだと屋内用で9000円ぐらい、屋外用だと16000円と倍近く金額が違います。

私が他の石材店と現場で合った際には、コーキングやボンドの銘柄や用途を盗み見してどういう施工をする業社か判断しています。

安物のコーキングを使用している石材店もよく見かけます。

弊社で何時も使用している石材用耐震コーキングは700円程度しますが、200円のコーキングで良しとしている石材店もここだけの話良くみかけます。

 

話がそれました。

この記念碑は重量が軽く2tは越えそうですが、吊って動かしながらボンドをつけていくので施工期間中はラフタークレーンがクレーン使用のバックホウが必要になります。その費用もバカになりません。

 

こういったバランスの悪い記念碑なんかは安易に動かさないことです。直す側としても倒れた裏側の状態もよくわからないし、はっきり言って読めません。お世話になっている業者様の紹介で申し訳ないのですが、見積りは高くなりがちです。

代替案として、中国のG634を提案しましたが、やはり昔からある記念碑ということでそのまま復旧したいそうです。

 

保険が利くかもしれないとのことで、現在、依頼主の回答待ちです。

適用されることを望みます。

 

 

こちらでも情報を発信しています!!

石に関することお墓に関することを楽しく紹介しています!!

羽黒石材工業 Facebook

中野良一  FacebookTwitterInstagram

 

羽黒石材工業では、石材加工業社向けに稲田石原石を販売しています。

また、全国の石屋さんにお墓を始めとした石材製品を卸しています。

まずは、お気軽にご相談くださいませ。

 

クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*