新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

1級お墓ディレクター検定試験は難しい?勉強時間とコツ、取得するメリットは?


世の中には、資格が多くあります。

私は、土木に関する資格をけっこうもっていて、1級土木施工管理技士や2級建設機械管理技士、車両系建設機械、etc
資格から技能講習まで、幅広く取得しています。

『えへん!すごいでしょう。』
とうことにはなりません。

なぜならば、資格を持っているだけでは、意味はなく、いかに資格を取得するにあたって得た知識を活かすことができるかが重要だからです。

な~んて、かたッ苦しいことを書いていますね。

そんな前置きをしておいて、今回、私は1級お墓ディレクター検定試験に合格しました!

パチパチパチパチ

それでは、
1級お墓ディレクター検定試験は難しい?勉強時間とコツ、取得するメリットは?
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

1級お墓ディレクター検定試験の難易度は?

こんなことを言うのもなんですが、けっこう勉強をしました。
論文試験が合否を分けるカギなのですが、テキストの内容をほぼ頭に叩きこむぐらいのつもりで仕上げていきました。

1級お墓ディレクター検定を受験した目的

  • 自分が今やっている仕事について熟知したい。
  • お客様に信頼をもってもらいたい。
  • 価値のあるブログ記事を書けるようになりたい。

 

 

目的がハッキリしていて、合格することが目的というよりは、そこで得たものを活かして次につなげていきたいという思いが強かったです。なので、一生懸命覚えました。

試験自体は、受験中に『合格した!』と確信できるぐらい(笑)
会心の出来でした。

1級お墓ディレクター検定の難易度ですが、他の資格と比較しても、難しいレベルではないと感じました。

ただし、私の場合、墓石業界に携わってけっこう長くなるし、加工卸なので、実際の加工も見ています。
お墓の施工もしていますし、経験はけっこうあるので、予備知識は豊富だったと思います。

営業オンリーな方だと、馴染みがなくて難しく感じるかもしれません。

 

1級お墓ディレクター検定の勉強時間は?

目安は50時間?

時間にしたら100時間程度の勉強はしました。
私の場合、合格だけでなく、お墓に関連する知識を熟知したいという目的があったので、かなり長いと思います。

合格するだけなら、過去問を中心にやって、ここまで時間を掛けなくても十分でしょう。
時間で計るのはナンセンスな部分もありますが、だいたい50時間程度でしょうか?
(個人差はあります)

過去問を理解して、パーフェクトに回答できることが必須です。
そうすれば、自ずと1級お墓ディレクター検定の合格が見えてきます。

 

スポンサーリンク

 

1級お墓ディレクターの価値は?

因みに、2級お墓ディレクター検定と比較すると難易度は雲泥の差です。
2級は記念受験でも受かるレベルです。

ほぼ何もお墓についての知識のない、うちの会社の事務員でも受かってしまいました。
テキスト持ち込み可で、答え合わせをしながら問題を解いているようなものですからね。

2級では、何の意味もないに等しいレベルです。

 

それと比較すると、一定の勉強量が必要となる1級お墓ディレクター検定は、知識の底上げ、お墓への精通という意味で、お墓に携わる仕事をしている者のレベルの底上げにつながります。

仕事で忙しい中、資格試験に時間を割くというだけで、評価に値すると思います。

1級お墓ディレクター検定の取得者は、そういった意味で、信頼できてお墓づくりを任せることのできる者の証明にもなると感じます。

 

『取得したばかりだから、調子の良いこと言ってるんでしょ?』

はい、その通りです(笑)

だって、自分の取った資格を価値のあるものだと思いたいですから。

でも、勉強する前よりも、勉強した後の方が、ずっとお墓について深く知ることができています。
日常の仕事でもフィードバックできますし、より深い理解へとつながっていくでしょう。

 

 

 

 

1級お墓ディレクター検定のテキストの内容は?

 

中には、仏教とお墓の関係や日本人のお墓の歴史なんて学ぶのはナンセンスと言われる方もいらっしゃいますが、お墓の背景を知ることも必要だと個人的には考えています。

そういった意味で、1級お墓ディレクター検定の内容は、お墓を扱うリーダーの育成につながるような、幅広い内容を網羅しています。お墓に関する法律や、海外のお墓事情まで、学ぶことができます。

『そんなの必要ない!目の前のお墓を売ればいいんだ!』

ごもっともです。でも、私は知りたがりなので、いろいろと求めてしまいます。

 

自分が扱っているお墓という商品の意味を深く知りたいんですね。
だって、自信をもって売りたいじゃないですか!

昨今は、お墓ばなれも言われるようになり、お墓の価値すらも危うくなってきている世の中です。

『なぜ、お墓が必要なのか?』を説明できる石屋でありたいです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

長々と、取得したばかりの1級お墓ディレクター検定について書いてきましたが、意味があるか意味がないかは、その人次第です。

知らなくてもお墓は売れますし、必要がないと言えば必要ないのかもしれません。

でも、数十時間という時間を集中して勉強しないと受からない資格なのは確かです。
1級お墓ディレクター検定合格者は、それだけの情熱をもってお墓に携わっている証明になります。

 

お墓ディレクター検定1級合格しました。
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*