新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

茨城県で石塀を建てるのなら、読んでもらいたい記事


こんにちは、タイトルからして、おそらく読んでくださっているのは茨城県人だと思います。
茨城県の方々で、石塀を建てるつもりのある方に耳よりな情報です。

というか、弊社の宣伝ですが・・・

 

あの、何というか、石塀の情報なんてネット上を見てもあまりないし、消費者も色々と不安もあるだろうと思います。

そもそも、最近ではなかなか石塀を建てる方も少ないんですよね。
重厚さのある石塀、見た目も素晴らしくて堅牢で良いのですが、いかんせん、価格が高い(汗)

中国加工の石塀でも、かなり高額になります。
そんな石塀だからこそ、余計に失敗もできないわけで、少しだけでもお話を聴いていってください。

 

スポンサーリンク

 

茨城県人におすすめな石塀情報!

ちょっと、ここから宣伝が入りますが、ご了承ください。
羽黒石材工業は、稲田石とう茨城県産の銘石を採掘して、石材を加工している会社ですが、土木や建築にも精通しています。

その強みもあって、石塀も得意としています。
茨城県、または近隣で桜川市に近い土地で石塀を建てるのなら是非、羽黒石材工業へ御用命ください。

自社で採掘している茨城県産の稲田石は勿論、中国産の白御影石でも多くの実績があります。

仕事が忙しいと下請けに施工を任せることがありますが、基本的に自社の職人が施工をします。
そうしないと、経験とノウハウの蓄積ができません。図面も積算も自社です。

とうことで石塀の作品紹介です。

 

茨城県産稲田石でつくった石塀

国産稲田石の石塀

茨城県産稲田石の純国産の石塀です。

何といっても、自社で採掘した稲田石を利用して、自社で加工して、自社で施工しています。

つまり、材料から全ての工程を自社で完結しています。
もちろん、出来栄えも折り紙付きです。

中国加工とは精度が一味も二味も違います。

全国を探しても自社で一貫してここまでの石塀をつくれる会社はそうないと断言できます。

 

断言までは言い過ぎかもしれません、全国にどれだけの技術の優れた石屋さんがいるかわかりませんが、それでも、ここまでの石塀をつくれる石材店は、まずいないのではないでしょうか?

自画自賛になってしまい申し訳ありませんが、本音です。

稲田石は叩き仕上げにすると、白さが引き立つのが特徴です。この白さは似たような中国産の御影石では出ません。

 

稲田石の門周りの石塀

茨城県産稲田石の門

この門周りの石も稲田石を羽黒石材工業で加工したものです。やや緑掛かっているところは偽石です。
予算を考えて、ワンポイントで稲田石を使用した例です。

稲田石の白みを帯びた感じがいいですよね~。

白さが引き立つ稲田石、山元だから言うわけでなく、ひいき目にみても素晴らしいと感じます。

また、自画自賛ですね。すいません。

 

スポンサーリンク

 

中国産G633で作成した石塀

G633の石塀と張石

上の写真は中国産のG633で作成した石塀の写真です。羽黒石材工業の完全オリジナル設計です。というか私、中野のオリジナル設計です。うんうん頭を悩ませながら図面を引きました。

正直な話、石塀の図面を描くのはあまり好きではありません。手間が掛かるからです。

その上間違えると、大変なことになります。寸法間違えたら長い分には良いけど、短くなったら石は伸びませんからね。

この石塀に使用している石は、中国産のG633という石です。よくお地蔵様のような彫刻に利用されます。目が細かくて彫刻しやすいんですね。ちなみに、目が大きいと、ノミなどで叩いたさいに、ゴロっと石が欠けてしまいやすく、気をつかいます。

目が細かいとそういうリスクが減るんですね。ただし、一般的に目が細かいと水を吸いやすくなります。このG633も御多分にもれず、水を吸いやすい石として有名です。

水の吸いやすさを吸水率と申しますが、この吸水率が高い石はあまり墓石などの磨き加工の用途には用いません、なぜならば水を吸って濡れ色になると目立つからです。

話が長くなりましたが、石塀ならばそこまで問題になりません。すごく回りくどい説明でしたね。

このG633、中国製なので、加工精度は羽黒石材工業でつくったものと比較すると、かなりレベルが落ちます。近づいて見ると全然違いますね。本当に、誇りに思えるほど違います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

とうことで、最後まで読んでいただいた方、本当にありがとうございます。
少々、自社の自慢話が過ぎたかもしれませんが、石塀に関しては、任せてもらえれば、本当に良いものをつくります。

特に、国産石種による自社加工の石塀は、感動できる出来栄えであることを保証します。

 

やはり、何といっても石塀は重厚感があり、存在感があります。石という自然な素材の持つ魅力に変わるものはありません。

石塀を建てる際には、是非、石の品質特性を理解し、土木技術・建築技術にも優れた羽黒石材工業に一度ご相談ください。

茨城県産稲田石の門
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*