新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

ニューインペリアルレッド・クンナム・本小松石等の原石がゴロゴロ転がる!


羽黒石材工業の原石置場には、
世界各国から輸入された色とりどりの原石が、
保管されています。

墓石や石材建築などの需要で、
必要になった際には、
ここから取り出して利用するんですね。

そんなバラエティに富んだ、
原石の様子を紹介します。

それでは、
ニューインペリアルレッド・クンナム・本小松石等の原石がゴロゴロ転がる!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

石の産地、茨城県の石屋さんならではの風景!

石材加工業社のストック原石

羽黒石材工業では石材加工卸業を営んでいます。

石材加工も、墓石・モニュメント
・建築資材・記念碑・彫刻と幅広く行っています。

なので、けっこう多くの石種を
原石や板石としてストックしています。

板石もニューカレドニアやファイングレイン等々、
豊富に揃えていますが、主に建築資材向けです。

今日は、羽黒石材工業にある原石の在庫を紹介したいと思います。

 

美しい赤い色が特徴のインド産
ニューインペリアルレッドの原石です。

これだけ濃い色の原石は今は取れないそうです。

 

墓石としても用いられることもありますが、
建築資材としての用途が多いです。

近年、耐震補強工事等で古くなった
建築物を改修することが多くなっています。

その際にどうしても一部分だけ板石を張る作業等が出てきます。

その際に、色が合わないとみっともなくなります。
良石のストックがないと対応できません。

ニューインペリアルレッドの原石下の写真の、
左から真ん中にかけて大量にある石は
ブラジル糠目石です。

ブラジル糠目石の原石クンナム等の黒みかげ石もあります。

だいぶ引っ張り出してきて加工しているので、
数が少なくなってきました。

 

スポンサーリンク

クンナムの原石最近は、商社から加工する為の石を購入する際。
原石ではなくて半製品を購入する機会が増えています。

半製品だと少々割高になりますが、
石目がわかるのでリスクが少なくなります。

原石を切ってみて模様が流れていたり、
玉が出たりなんてことはよくあることですから。

クンナムの原石本小松石の切れ端です。

本小松石は玉状に取れるので、
こうやって残りやすいです。

この切れ端でも、まだまだ加工は出来ますし、
使える部分はあります。

本小松石の原石本小松石と言えば、
東の横綱と称される高級石種です。

余すところなく、
使用したいというのが本音です。
「もったいない精神」ですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

他にも、名前も分からない韓国の石とか、
何時になったら使うのか分からないような石も数多くあります。

かつては、羽黒石材工業で、
独占的に仕入れて販売していた石種もあるそうです。

もったいないとは思うのですが、
知名度に乏しいので、
なかなか売れなません。

どなたか、上手い利用方法を考えてくれるといいんですけどねぇ。

ニューインペリアルレッドの原石
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*