新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

お墓ばなれが起きているから国産墓石は売れない?本当のところを覗いてみましょう!!


師走です。

羽黒石材工業は、
石材工場も現場もフル稼働で仕事をさせていただいています。

このブログを書いている私、中野は、
茨城県桜川市発注の下水道工事の現場代理人として、
今日、無事竣工検査を終え、
一安心しているところです。

書類作成で眠れない日々が続きました。
現場監督は、スーパーブラックな仕事なんですよ(笑)

ところで、最近お墓離れが言われて久しいですが、
実際のところはどうなのでしょうか?

国産墓石だと、高額過ぎて余計に売れない気がしてしまいます。

それでは、
お墓ばなれが起きているから国産墓石は売れない?本当のところを覗いてみましょう!!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

墓石の国内加工の状況は?

羽黒石材工業の加工工場の稼働状況

下の写真は、本型の墓誌です。

羽黒石材工業の石工である古木さんが作成しました。

まだ、水磨きの状態で、
これからピカピカに本磨きをするところです。

こういった加工は手間が掛かり、
日本で生産すると費用が掛かるのですが、
最近では少しづつこういった加工依頼も増えてきました。

多少高額でも、
本物の国産墓石を求めるニーズが高まってきています。
純国産、茨城県で採掘される稲田石の墓誌
100切を越える稲田石の外柵の依頼がありました。
親柱の部分だけでも、片方で12切になります。

通常のお墓と比較するとかなり大きいです。

横にいるオフカット及び整形職人の中田さんと比較しても
石の大きさがわかるかと思います。

純国産、茨城県で採掘される稲田石の墓誌
稲田石は国産としては大材で取りやすい石種です。

こういった大きなお墓や建築物には向いています。

この外柵だけで100切を越えるお墓以外にも、
155切になる稲田石の納骨堂型のお墓
(納骨堂のように中に入って骨壷を置けるお墓です)
の依頼も受けています。

今年は大きなお墓の当り年のようです。
本当にありがたいことです。

後ほど加工の様子をご紹介できるかと思います。

 

スポンサーリンク

 

お墓離れが起きているとは言うけれど・・・

実は、本物の国産墓石のニーズは高まってる?

「お墓離れが起きている。」と言われて久しいですが、
墓石を卸している石材店様等と話していると、
ニーズの多様化により、
逆に本物の国産のお墓を求められるお客様も、
増えてきているとおっしゃいます。

石材店様自身も、
差別化を考えて意識的に国産墓石を勧めているそうです。
純国産、茨城県で採掘される稲田石の墓誌
手磨き職人の雨貝さん、
仕事が溜まってしまって大変です。

残業続きです。

声を掛けると
「せっかく日本でつくっているお墓なんだから、いい仕事しないとな。」
絶対に手を抜きません。

頭が下る思いです。
純国産、茨城県で採掘される稲田石の墓誌
羽黒石材工業では、熟練の石工が、
真面目に実直に真心を込めてお墓をおつくりしています。

ここのところ、ありがたいことに、
注文が多いのは、
そんな気持ちもお施主様に伝わっているからでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

羽黒石材工業限定の話しになってしまい、
申し訳有りませんが、
お墓ばなれが言われている昨今でも、
確実に国産墓石のニーズがあることを感じます。

ありがたいことですね。

今後も真心をこめたお墓づくりを、
続けていこうと再認識した次第でございます。

純国産、茨城県で採掘される稲田石の墓誌
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*