新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

制作中の彫刻の施された石畳~石という素材の良さは時代を越えてずっと残るということ


昔から、石には、色々なものが刻まれ、
記録として残ってきました。

石の良さは、ずっと後世まで、
残ることです。

羽黒石材工業の石材作品集
「一石入魂!!」の更新をしました。
茨城県産稲田石を使用した彫刻を施した石畳

作品をつくった若林さんは、
亡くなってしまいましたが、
作品はずっと残り続けます。

それでは、
制作中の彫刻の施された石畳~石という素材の良さは時代を越えてずっと残るということ
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

石という素材のすばらしさ!

残念ながら、
羽黒石材工業に長年勤めて、
多くの石材作品を残した若林さんは、
亡くなってしまいましたが、
その作品は何時までも残ります。

そこが石という素材の素晴らしいところです。

だから家族の記憶を残す墓石にも使われるのです。

 

この石畳の作品は、
2010年のストーンフェスティバルに、
出店した時のものです。

丁度製作中のものを展示会に展示しました。

茨城県産稲田石の彫刻のある石畳 茨城県産稲田石の彫刻のある石畳

赤鉛筆の跡が製作中であることを物語っています。

若林さんは、多くの文化的な石材作品に携わってきました。

本小松石の龍亀のモデル
こちらの神奈川県真鶴産本小松石による龍亀は若林さんの代表作です。

制作に半年を掛けた力作で、
細部までこだわり魂を込めてつくられています。
本小松石の龍亀 国産

 

スポンサーリンク

 

青みがかって綺麗な、
ブラジル青糠目石を使用した水鉢です。
水鉢に乗っているカエルが可愛らしいです。

国産加工、ブラジル青糠目石の水鉢ニーマと呼ばれる石材を加工する道具で、
細かく削っていくのですが、
よくもまあここまで作り込むと感心してしまう出来栄えです。

国産加工、ブラジル青糠目石の水鉢

まだまだ、
若林さんの功績はここでは伝えきれません。

若林さんの死は、
とても辛いものでしたが、
彼の技術は次の世代に受け継がれ伝承されています。

茨城県産稲田石の氏神様
若林さん、
改めて本当にありがとうございました。

龍の載った氏神様を制作中の若林さんの後姿です。

本人もきっと満足していることだろうと思います。

だって、
これだけの作品を後世に残すことが出来たのですから。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

石という素材の良さは時代を超えてずっと残るということです。

家族の記録ともなる墓石も石という素材ありきです。

石材業という仕事に携わり、
大切な記録を記憶を残す為の仕事ができることを誇りに思います。

茨城県産稲田石の彫刻のある石畳
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*