新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

石屋さんでも、ヒット商品を作れる!真壁の伝統工芸士、加藤幸彦さんの作品


昨日は、桜川市消防団幹部歓送迎会に出席してきました。

桜川市には32の分団があって、
私は分団長の任務を終えて、
送迎される立場での参加です。

流れで深夜までお酒を飲んでいたので、
少々頭が痛いのですが、
飲んでいる最中に酔いもぶっ飛ぶほど、
興味深い話を聴くことができました。

それでは、
石屋さんでも、ヒット商品を作れる!真壁の伝統工芸士、加藤幸彦さんの作品
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

石屋さんでも、ヒット商品を作れる!

真壁の伝統工芸士、加藤幸彦さんの作品

同じく分団長をされている、
加藤石材の加藤さんを紹介した私のブログです。

真壁の伝統工芸士がつくる五輪塔や宝篋印塔等の作品

加藤さん、この宝篋印塔が、
ヒット商品になり100個はつくっているそうです。

 

芸術と文化の殿堂 東京書芸館

加藤幸彦 真壁御影石『宝篋印塔』

小型の宝篋印塔

こういった、芸術的な作品を販売するサイトで、
扱ってもらってから宝篋印塔に限らず、
野仏や灯篭等が売れるようになり、
作るのが間に合わないそうです。

新聞の全国紙にも、作品の広告が載りました。

 

素晴らしい客層のお客様と巡り会えた

加藤さんは名人ですし、
確かな技術と知名度もあり、そして人格者です。

こういった作品が売れる土壌は、
十分にあったのでしょうけど、
何故売れるようになったかと言うと、
買ってくれる客層がいるサイトで、
扱ってもらったからに他なりません。

お茶をやっている方や和風の庭を楽しまれる方、
古美術を鑑賞することが好きな方が、
よく見るサイトで紹介されたから人気に火が着いたのです。

加藤さんは、三越や高島屋等の高級百貨店で、
実演をして販売もしていますが、
反響に乏しかったそうで、
また、客層が違うとおっしゃっていました。

 

魂のこもった作品をつくるから売れる!

加藤さんは
「石は凄い、石はまだまだ可能性がある。茨城の石、真壁の石の宣伝につながれば幸いだ。」
とおっしゃっていました。

真壁の伝統工芸士、加藤さん

加藤さんらしいです。
一つ一つの作品に魂を込めてつくられる方です。

私に、こういった話を熱心にしてくださったのも、
地域で盛り上げていきたいという気持ちがあるからです。

 

自分だけが得しようという考えはアカンです。
自分が幸せになって回りもハッピーになれるのが商売です。

その気持ちが巡り巡って次の商売につながっていくんです。

 

スポンサーリンク

 

我々、石屋さんは石を売るのが下手

ただ、「石はまだまだ可能性がある。」ということは、
裏を返せば、今まで我々茨城の石屋さんは、
石の魅力を伝えるべきお客さまに、
伝えてこれなかったということです。

 

わかりやすく言うと、
石を売るのが下手
なんですね。

 

国産墓石でも同じだと感じました。

国産墓石の魅力を知らない方は、
沢山いらっしゃると思います。

国産墓石の良さを知ることで、
買いたいと思われる方も実は沢山いると思うのです。

 

石屋さんが、見つけるのが下手なだけで(泣)

 

私が、こういったブログを書いているのも薄く広く、
そういった方に魅力を伝えられたら、
嬉しいなぁという気持ちがあります。

自分が対面で会える人は少ないですけど、
ネットは不特定多数に同時につながれます。

 

ただ、加藤さんのように、
ピンポイントで欲しいお客様を見つけているケースを見ると、
他にも何かやりようがあるような気がしてきました。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

石を利用した作品で、ヒット作品を作るのは、
難しいと正直思っていました。

しかし、加藤さんの例を見ると、
素晴らしい作品があってのことですが、
よい客層のお客様と引き合うことができれば、
売れないことはないということです。

なかなか、同じようには難しいですが、
チャンスはあるはずだとも感じました。

小型の宝篋印塔
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*