新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

浄土真宗門徒の墓石にお勧め【親鸞聖人ゆかりの石】茨城県産稲田石!!


先日、茨城県笠間市稲田にある、
親鸞聖人が20年住んでいた、
「浄土真宗 別格本山 西念寺」
に息子のお稚児さんに行ってきました。

Facebookで、大橋石材の大橋さんとやり取りさせていいただき。

私「浄土真宗の聖地である西念寺は、
稲田石のふるさとにあるんですよ! 」

大橋さん「稲田石は、親鸞聖人ゆかりの石であり、
浄土真宗のパワーストーンでは?」

そんなこんなで、浄土真宗の門徒には、
稲田石をお勧めできると思った次第でございます。

それでは、
浄土真宗門徒の墓石にお勧め【親鸞聖人ゆかりの石】茨城県産稲田石!!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

親鸞聖人ゆかりの石、茨城県産稲田石

稲田の地は、昔からの石材産地

親鸞聖人は、越後に流された後に、
稲田の地を訪れて現在の西念寺の地を、
20年間拠点にして関東一円に布教活動をされていました。

また、稲田の地で採掘される稲田石は、
戦国時代には秀逸な御影石産地として、
当時の築城熱心な関東各所に割拠した、
諸大名の注目する所となっていました。

戦国時代には有名な御影石の産地だったことから、
鎌倉時代を生きた親鸞聖人も、
稲田石に馴染んでいたことは容易に想像できます。

 

富山県から石切り職人が移住

御影石切出しのために北陸越中国(現在の富山県)
から多数の人々が稲田に移住して土着したそうです。

富山県は一向一揆で知られるように、
浄土宗門徒が多い土地柄ですが、
こういったところでも縁を感じます。

 

親鸞聖人ゆかりの石というだけでも、
浄土真宗門徒さんなら十分に選択をする理由になると思います。

 

西念寺の鐘付堂

 

スポンサーリンク

 

稲田石は浄土真宗のパワーストーン!

親鸞聖人とご縁のある稲田石。

仏教は縁を大切にします。

稲田石は、親鸞聖人のゆかりの地である、
西念寺にも、ふんだんに利用されています。

参道から、境内、本堂に鐘突堂、
全てが稲田石です。

寺墓地が隣にありますが、
やはり地元の稲田石が多く用いられています。

親鸞聖人と十分過ぎるご縁のある、
稲田石は、浄土真宗門徒にとっても、
縁起の良いパワーストーンとして、
お勧めできるかと思います。

 

神聖な白さが特徴の稲田石!

稲田石は、お墓に用いられる、
御影石の中でも白いのが特徴です。

白は神聖な色であり、
昔から神社仏閣にも好まれて利用されています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

稲田石と浄土真宗開祖である、
親鸞聖人とでは、密接な関係があったことが、
お分かりになれましたでしょうか?

浄土真宗門徒が、親鸞聖人ゆかりの石として、
稲田石を墓石に用いることは、
縁起もあって、とてもよろしいかと思います。

浄土真宗稲田禅房西念寺
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*