新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

墓石CADソフトの開発会社は3社だけ!?超高額だったけど【価格破壊】が起きている!


画像参照元:http://www.uchida-it.co.jp/product/mics/pro.html

以前は、カラーの墓石CADソフトといったら、
乗用車でも良いランクが買えるくらい、
高額でした。

ところが、久々に価格を聞いたら、
びっくりするぐらい下がっていました。

墓石CADソフトを開発している会社は、
3社しかありませんが、
(もっとあるという場合は教えてください)

価格破壊が起きて、
かなりリーズナブルになってきているようです。

それでは、
墓石CADソフトの開発会社は3社だけ!?【価格破壊】が起きている!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

墓石CADソフトがリーズナブルになってきている!?

現在、墓石用CADを発売しているのは、
下の3社です。

  • ㈱クレア   雅 響
  • ㈱内田洋行  MICSシリーズ
  • ㈱フォトロン  StoneMeister

後発組みのフォトロンのStoneMeisterが、
低価格の墓石CADソフトを販売してから、
他の2社の追随して価格を下げたようです。

また、開発をする上での、
技術的なブレイクもあったみたいです。

私が、使用しているのは、
内田洋行のMICSです。

他のソフトは使用したことがないので、
違いなどはわかりません。

HPを見比べた感じだと、
低価格が売りのフォトロン製は、
機能が見劣りするように見えます。

ただ、あんまり多機能でも、
面倒で利用しないケースも考えられますので、
ほどほどで良いという方には、
十分かもしれません。

スポンサーリンク

 

墓石CADソフトが高額になりがちな理由

安くなってきたとは言え、
まだ高いと感じます。

価格設定の理由を考えると、
しかたがないような気もします。

墓石CADソフトは、汎用性が低いです。

開発コストを回収するためには、
売上げを上げなければいけませんが、
分母が少ないので、
高く売るしかないんですね。

 

その割に、細かい図面が多く、
直感的に操作ができるように、
苦心して作られていると感じます。

多機能化してきていて、
墓石の図面作成だけでなく、
今やカラーは当たり前で、
写真を読み込み、合成画像を作成したり、
プレゼン向きの機能が充実しています。

それだけに、墓石CADの開発にも、
コストが掛かるはずです。

墓石の流通量が減少している昨今、
墓石CAD業界も厳しい現状なのかな?と思います。

 

とは言え、我々石材店にとっては嬉しい話です。

今まで高価であった、墓石CADソフトが、
リーズナブルになれば、
それだけ、利用しやすくなります。

墓石CADソフトは、積木を積み重ねるように、
直感的に描くことができるので、
比較的、誰でも扱いやすくなっています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

墓石CADソフトを開発する側の会社にとっては、
大変だと思いますが、
石材店側としては、高価だった墓石CADソフトの価格が、
落ち着いてきて、比較的導入しやすくなってきたといえます。

比較的操作は容易なので、
まだ導入されていない石材店は、
この機会に検討されるのも、
よろしいのではないでしょうか?

墓石CADソフト 価格破壊
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*