新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

【雨天時の墓所工事】は危険!!墓石がストンと落ちる?玉掛けで気を付けることとは?


雨の日の墓所工事って危険なんです。

玉掛けとは、クレーンなどに、
物を掛け外しする作業のことです。

ワイヤーや帯などで吊り荷をしっかりと、
落ちないように取り付けなければなりません。

雨天で、鏡面に磨いた墓石を扱うのは、
非常に危険な行為になります。

それでは、
【雨天時の墓所工事】は危険!?墓石がストンと落ちる?玉掛けで気を付けることとは?
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

墓石を吊る「クランプ」は不安定!

石工事では、上からテコの原理で挟み込む、
『クランプ』という専用の金具を主に利用します。

下の写真は下に伸びている二本の帯を、
『クランプ』で少し持ち上げ、
片方ずつ抜こうとしているところです。

 

記念碑を設置している様子です。

記念碑のように石の自然の風合いを、
活かしたものを吊るのは経験がいります。

危険な石材製品の玉掛け
玉掛け作業は誰でもできるわけではなく、
技能教習及び特別教育を終了した者しか、
してはならないと労働安全衛生法に規定されています。

それだけ危険な作業だと言うことです。

吊り荷の落下下敷きによる、
労働災害も後を絶ちません。

 

石工事で使用される『クランプ』は、
上からテコの原理で挟み摩擦力で吊ります。

かなり不安定な吊り金具と言えます。
玉掛けの教科書では推奨できない吊り方法です。

でも、石材業界ではこの『クランプ』
を主に利用して墓石等を組み立てるのが、
当たり前となっています。

理由は便利だからですね。
上から挟むだけで吊れてしまいます。

いわゆる『必要悪』となっています。
使用するのとしないのとでは施工性が段違いです。

ゼネコン等の安全管理の徹底した建設現場では、
危険なので禁止されたりします。
(チョイ吊りで帯を回すとかならOKしてくれます)

 

スポンサーリンク

 

雨の日の「クランプ」での吊作業は超危険!

そんな危険な『クランプ』
雨の日の作業は、かなり危険です。

ただでさえ鏡面に磨かれた墓石は、
雨に濡れたら極端に摩擦抵抗が少なくなり、
吊った墓石がストンと落ちる可能性があります。

 

だから、物理的に雨天時にはお墓の工事はできません。

やるとしたら他の玉掛け方法にしなければなりません。
帯で吊ると取るのが面倒です。

石が吸水するとコーキング・ボンドのつきが、
悪くなり品質も落ちます。

バーナーで炙って乾かすにも限度があります。
(余り炙ると石英「石の透明な部分」が濁ります)

 

下の写真は石碑を吊っている写真ですが・・・
1点吊りですね。

これも危険です2点吊りが基本です。
・・・が、吊り荷にと据付箇所によっては、
安全な範囲内で1点吊りを行うこともあります。

なるべく吊り荷を高くあげず、
支持しながら、転倒しないように慎重に据え付けています。

危険な石材製品の玉掛け石工事は特殊な玉掛けの技術を要します。

石という天然素材を扱う上で仕方のないことです。
重心を取るのも長年の経験と勘が必要です。

 

吊金具の点検や作業半径の確認の徹底!

クランプの石に触れる部分は樹脂製です。

作業を繰り返すと磨耗したり劣化します。
マメに点検をして取り替えることが必要になります。

命にも係る部分ですので、
きちんと管理しなければなりません。

クランプ自体の点検も必須です。
ボルトが緩んでいたりしないか確かめます。

 

ワイヤーを利用する場合には、
キンクしたり一部切断していないかも、
入念にチェックする必要があります。

 

現場も山奥や極狭地などクレーンの、
アウトリガーもまともに張れない条件が、
厳しい場合もあります。

重量とクレーンの作業能力との見極めが、
ギリギリの時もあります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

一口に玉掛けと言いますが、
非常に奥が深いんです。

慣れてくると安易に玉掛けを、
してしまいがちですが「命にも係る危険な作業」
という認識を忘れず、安全に留意して作業したいものです。

石材の玉掛け作業
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

2 件のコメント

  • へぇ!
    ところ変われば道具の名前も変わりますね!
    「クワキ」と呼ぶんですねぇ~!

    こっちでは「クランプ」と呼んでおります!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *