新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

【お墓のデザイン】先祖代々の家墓or個性重視の個人墓?


お墓って「家」を重要視して建てるか、
「個人」を重要視して建てるかによって、
選択するデザインが大きく変わります。

お墓は「家」で建てるものとして、
考えられてきました。

先祖供養の場所です。

西洋では、お墓に個人の名を刻み、
個人のお墓として機能することが多いようです。

その為かイタリアのお墓などを見ると、
個人を表現したお墓が多く、
発想が自由でデザイン性に優れています。

それでは、
【お墓のデザイン】先祖代々の家墓or個性重視の個人墓?
をお送りします。

スポンサーリンク

 

お墓の価値観が多様化する時代!

お墓の価値観が多様化しています。

昔と現在とでは、社会背景が異なり、
人々の考え方も変わってきました。

ご先祖様を大切に思い『家』を尊重して、
お墓を建てようとされる方がいれば、
個性を重んじて自分らしいお墓を、
建てたいという方もいます。

あるいはその両方という方も、
いらっしゃるかもしれません。

 

デザイン的なお墓が増えてきていることを、
我々のような日本国内の墓石加工卸の中でも
「けしからん風潮だ!」と言う意見があります。

育ってきた環境によっては、
例えば核家族だったりすると「家」
という考えが薄くなるのもいたしかたないと思います。

以前、汽車の形の墓石を見たことがあります。

幼くして亡くなったお子様が、
汽車が大好きだったそうです。

同じ子を持つ親としては、
痛いほど気持ちが伝わってきて、
胸が締め付けられる思いがしました。

 

スポンサーリンク

 

お墓において『個』と『家』は相反する!

全てを否定したいわけではないのですが、
純粋にご先祖様を尊重して「家」
を大切にしたお墓を建てたいのなら、
伝統的な和型のお墓をお勧めします。

洋型も建てられるようになってから、
時代が経ちましたが、
定着している形のものなら良いと思います。

  • 「個」を尊重=自分らしさを出す
  • 「家」を尊重=先祖供養を重視する

って相反する部分があるように感じます。

 

ご先祖様にお祈りをするのに、
ある特定の故人の好みや特徴が、
立ち過ぎるのはあまりよろしくありません。

展示場に行って色とりどりの、
デザイン性豊かなお墓を見ると、
ついつい目移りしがちですが、
お墓本来の意味を考えると、
昔ながらのお墓が一番よろしいかと思います。

 

昔ながらのお墓って素朴だけど、
安心できるんですよね。

心があたたまりホッとできます。

流行りのお墓は目新しくて、
カッコよく映るかもしれませんが、
普遍的ではないし飽きもきます。

自分らしさを出したつもりが、
後になって熱が冷めたころに、
「微妙だな~普通にしておけばよかった。」
なんてことにもなりかねません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

どこを重要視してお墓を購入するのか、
じっくり考えてください。

何を求めるかによって、
購入するお墓も変わってきます。

ご先祖様にお祈りをして、
心からのご供養ができる最良の選択をしたいのなら、
伝統的な形のお墓を購入するべきです。

茨城県 稲田石 国産墓石
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*