【地盤調査が大切!】大型の工作物の確認申請は必ずしましょう!


けっこう工作物の確認申請をしないで、
工事をしてしまうケースが見受けられます。

確かに、申請をするのと、
しないのとでは、全然手間が違い、
一々役所にお伺いたてて仕事していられないよ!
という方もいらっしゃるかもしれません。

でも、態々、確認申請を要求するということは、
それだけ危険だし、問題が起こる可能性もあるということです。

あとで何か問題があった場合には、
責任が追及されます。

それでは、
【地盤調査が大切!】大型の工作物の確認申請は必ずしましょう!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

工作物の確認申請が必要なコンクリート構造物。

土留めに現場打ちL型擁壁を、
施工した際に図面を書きました。

2mを超えると工作物の確認申請が必要になり、
地盤調査も含めての書類や図面作製。

そして役所立会いの検査を、
受ける義務が出てきます。

擁壁・駐車場

前もって丁寧に設計を組むためにも、
丁寧な調査と図面の作成が必要になります。

工作物の確認申請が必要になるということは、
それだけキチンと施工しないと、
周囲に影響を与える可能性があるということであり、
細部まで煮詰めた図面の作成が必要になります。

擁壁・駐車場

 

スポンサーリンク

 

一番重要なのは地盤の強さ!

こういった構造物の一番の根拠となるのは、
地盤の強さです。

簡易的なスウェーデン式サウンディング試験でなく、
しっかりと標準貫入試験を、
行いそのデータを元に構造計算をしました。

 

地耐力、擁壁重量、土圧から、
問題のない擁壁の厚みや鉄筋の配筋を探ります。

構造計算書を理解して、
きちんと図面を書くのはけっこう大変です。

L型擁壁図面 配筋図 工作物の確認申請
どんな構造物でもそうですが、
一番の根拠となるのが地盤の強さです。

これがまず保証されないと、
住宅等の構造物は建てることすらできません。

階段構造詳細図 工作物の確認申請

おそらく1級土木施工管理技士という肩書で、
工作物の確認申請をする方は少ないのかな?
と思います。

やってみてわかりましたが、
それだけ専門性が高く、大変です。

専門の設計事務所に任せることが、
通常だと思います。

測量から書類一式の作成、
確認申請まで考えるとけっこう手間が掛かります。

ただし自分でやることで、
ノウハウが身に付きます。

こういった他では、
なかなかやらないことをすることが、
独自性を生みノウハウの蓄積につながると考えています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、L型擁壁でしたが、
ブロック積み・石積みでも、
確認申請が必要になるケースもあります。

石工事でも重くなればなるほど、
構造計算も大切になってきます。

 

ちゃんと確認申請をして、
手続きを踏んで工作物を建てましょう。

工作物の確認申請 L型擁壁 地盤調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*