新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

【適正な生コン】打ってますか?コンクリートのスランプ値って何でしょう?


コンクリートのスランプって、
皆さんご存知ですか?

適当に決めていませんか?

コンクリートのスランプ値。
実は、大切な値なんです。

それでは、
【適正な生コン】打ってますか?コンクリートのスランプ値って何でしょう?
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

コンクリートのスランプ値って何でしょう?

スランプとは一般的に、
「一時的に、調子が出ない、
または取引が不景気な状態。不振。不調。」
の意味で用いられます。

かといってコンクリートが、
どれだけ落ち込んでいるかの度合いが、
スランプ値というわけではありません。

 

スランプ試験をする際には、
いつもぷっちんプリンが思い浮かびます。

ぷっちんプリンを逆さにして、
容器の底の棒を折ると空気が入って、
べちゃって落ちてでろ~んと広がりますよね。

あれです。

あれがコンクリートのスランプ試験です。

スランプ試験

容器に入った状態のぷっちんプリンと、
でろ~んと広がったぷっちんプリンの、
高さの差がスランプ値になります。

あくまで比喩ですので、
ぷっちんプリンはコンクリートに、
置き換えてお考えください。

硬いほど、形が崩れなくてスランプ値が低く、
やわらかいほどでろ~んとなってスランプ値が高くなります。

 

なんでこのスランプ値を、
わざわざ測るのかと申しますと。
確認の為です。

コンクリートを発注する際には、
あらかじめスランプ値を指定します。

指定したものと、
実際に運ばれてきた生コンとで、
違うと品質に問題がでるからです。

 

この写真のコンクリートは、
スランプ値12cmで指定してありました。

実際に現場で測ったら12.5cmで、
許容範囲内なので合格です。

スポンサーリンク

 

スランプ値は高い方が良い?低い方が良い?

それでは、このスランプ値。

実際には高い(やわらかい)方が良いのか、
低い(硬い)方が良いのかどちらでしょうか?

一般的には、硬い方が良いとされています。

それはセメントに対する水の比率が、
少ない方が強固に固まるからです。
(程度の問題はありますが)

 

しかし、実際にはボソボソのコンクリートでは、
施工が大変で振動機を用いても上手く締め固まらず、
返って施工不良な基礎になってしまいます。

また、ポンプ車と呼ばれるコンクリートを、
圧送する専用の車両を用いると、
スランプ値が低いと詰まってしまいます。

なので、強度不良が起きない程度に、
できるだけやわらかくすることが必要になってきます。

 

そこで登場するのがAE剤です。

AE剤はコンクリート内部に、
微細な空気の粒を作ります。

ビーズクッションを思い浮かべてください。
でろ~んとなりますよね。

AE剤は水の量を増やさなくても、
コンクリートを流動化できる効果があります。

コンクリート現場試験

写真の右側にメーターが見えます。

黒板に隠れてしまって全容がわかりませんが、
これは空気量を測る機械です。

コンクリートを流動化する空気の微細な粒ですが、
あり過ぎるとやっぱり強度が落ちます。

それを適正に管理するために空気量試験が行われます。

 

因みに写真の一番右側は、
圧縮強度試験に使用するためのサンプルです。

コンクリートがきちんと強度を、
発現しているかを確認するために、
定められた期間養生してから試験に用います。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ということでコンクリートのスランプ値の説明でした。

皆さんは、スランプには気をつけましょう!!

コンクリート品質管理試験 スランプ 空気量 圧縮強度 塩化物含有量
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*