新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

お墓の効能!【人生という道】を歩む上での墓石の役割!!


どんどん合理化が進む現在、
お墓の存在について疑問視をするような、
風潮もあります。

お墓はある意味、とても合理的であり、
非合理的でもあります。

 

お墓は硬くて重くて、風化に強く。
ずっと代々残っていきます。

【永続性】という意味では、
お墓は優れています。

ただ、【永続性】をネックと捉える方が、
増えてきているのも事実です。

 

でも、脈々と続いてきた、
自分の命のルーツや今の環境に感謝できる場は、
お墓以上に相応しいものはないでしょう。

シンボルとしてのお墓が、
家の中心にあると、
『ビシッ』と締ります。

 

 

それでは、
お墓の効能!【人生という道】を歩む上での墓石の役割!!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

日本人は道をつくる名人です。

アメリカでできたベースボール。

日本に野球という名前で導入されましたが、
いつの間にか野球道とも呼ばれるようになり、
道がつけられてしまいました。

 

元々、楽しむ為のスポーツですが、
日本人に掛かると追及して極める,
道になってしまうんですね。

 

マーリンズのイチロー選手。

40歳を超えてもなお活躍は留まることを知らず、
日米通算で世界最多安打を記録しようとしています。

そのイチロー選手、
華やかな活躍の裏には地道な努力があります。

正に野球道を体言している方です。

 

イチロー選手に、
どうやったら野球が上手になりますか?」
と質問をしたら、
「バットやグローブなどの道具を大切にすることだよ」
と答えたそうです。

 

野球選手にとって、
バットやグローブは基本的なものです。

そういったものに感謝して大切にしているからこそ、
今のイチロー選手があるのではないでしょうか?

 

アメリカ人にとっては、道具はあくまで道具で、
野球道具を大切に扱う、イチロー選手の姿に驚かれるようです。

イチロー選手に限らず、こういった精神って、
日本人の根底に根付いているような気がします。

 

スポンサーリンク

 

あなたは、日頃、感謝をしていますか?

我々にとっての、
生きる為の基本って何なんだろう?
と思うのです。

地球があって自然があって、空気もあって、
そういった環境があるおかげで生きていけます。

 

そして、今の自分が誕生するまでには、
脈々と受け継がれてきた命のバトンがあります。

しかし、我々は、
そういったものに日頃感謝をしているのでしょうか?

 

日常生活に溶け込んでいると、
日々の生活に忙しくて中々気づけなかったりします。

今の自分に精一杯でゆとりがなくなり、
感謝の心を持つどころの話じゃないのかもしれません。

 

だからこそお墓が必要なのだと思うのです。

改めて、命のルーツ、
つながれてきたバトンを大切に想い感謝する場所。

人生という道を歩む上で、
お墓は貴重な存在になります。

 

核家族化が進み、おじいちゃん、
おばあちゃんとの繋がりも希薄になり、
命のバトンを感じる機会が少なくなる方も増えてきました。

そんな現代だからこそ、
改めてお墓の効果について考えるのも、
良いものだと思うのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

イチロー選手にとっての、野球道具のように、
お墓を大切にすることは、
人生そのものを豊かにすることにも繋がると感じます。

ものを大切にするのは、アミニズム的な発想が、
根底にあるからです。

 

アニミズム(英語: animism)とは、
生物・無機物を問わないすべてのものの中に霊魂、
もしくは霊が宿っているという考え方。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

先祖信仰も、アミニズムと同列に扱われることも多いです。

ものを大切にしたり、お墓を大切にして、
感謝をする文化って素晴らしいと感じます。

 

これを合理的でない!
と断言されてしまえば、
合理的ではないのかもしれません。

でも、人生という道を歩む上で、
精神的な面で考えると、ある意味合理的だと思うのです。

お彼岸 お盆 お墓参り 茨城県産 国産墓石
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*