新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

擁壁の【ジャンカ】はこうすれば防げる!!原因と生コンの打設方法について。


【補修はできるの?】ジャンカの原因と対策、できてしまった場合の対応について


ジャンカができてしまった場合の対応策についてはこちら

見た目にも見苦しく、
素人目にも施工ミスであることが直にわかる、
【ジャンカ】

だけど、案外にできてしまうんですよね。

中でも擁壁はかなり【ジャンカ】が、
現れるやすい構造になっています。

そんな憎き【ジャンカ】が起きる原因と、
対処法について説明していきます。

 

それでは、
【ジャンカ】はこうすれば防げる!!原因と生コンの打設方法について。
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

擁壁はジャンカが起こりやすい構造!?

私は、土木監督として数々の、
コンクリート構造物を作ってきました。

ここだけの話、失敗もしています。しかも擁壁で・・・
言い訳ではありませんが、
どうしても新人監督のうちはミスをしやすいのです。

 

ミスをしようと思ってミスをしているわけではありません。
本人はいたって真面目に仕事をしています。

でも悲しいかな(涙)
経験の少なさからでてしまうミスってあるんですよね。

 

大目に見てあげてとも言えませんよね。
施主さんにとっては一生に一度の、
大切なものなのかもしれません。

でも、技術者って簡単には育たないんですね。
失敗をして育つものです。

 

なるべくミスはないことにこしたものではないので、
後輩には注意すべき点を教えたりしていますが、
それでもやっぱり実際に経験しなければ、
わからないことってあります。

 

そういった経緯もありこの記事を読んだ方は、
どうか同じ失敗をしないように、
そして施主様にも注意喚起を促す意味で、
恥を忍んで書かせてもらいます。

 

 

擁壁の構造はわかりやすく例えるとパチンコと同じです。

パチンコの例えは、私の中の擁壁工事のイメージです。

私は、ギャンブルが嫌いなので、
パチンコなどやらないのですが、
昔少しだけかじったことがあります。

 

たま~に、パチンコの玉が、
釘の間に挟まったりするんですね。

まさに、擁壁工事のジャンカはそのイメージなんです。

 

擁壁の構造を思い浮かべてください。
立ち上がり部分は、
例えば幅150cm程度の細くて高い構造ですよね。

木で枠を作りその中に、
コンクリートポンプ車等で生コンを上から流し込みます。

 

生コンは大きくわけて、セメント砕石
から成り立っています。

砕石をパチンコの玉と見立ててください。

 

ポンプ車から生コンを投入するといっても
垂直に生コンが落ちていくわけではありません。

角度が付いて落ちていくので、
右に左に反射しながら入っていきます。

 

擁壁の内部にはもちろん強度を高めるために、
鉄筋が入っています。

パチンコ玉のように右に左に反射される砕石が、

枠と鉄筋の間に挟まることがあるのです。

 

挟まった場所には、更に砕石が詰まり、
砂も詰まり、そこから下にセメントが流れなくなります。

これがジャンカになります。

 

当たり前ですが、
ジャンカの部分はきちんとセメントが入っていませんので、
強度不足になります。

上からモルタルを塗って補修したりしますが、
きちんと打設したものより強度が落ちますし、
見た目も悪くなります。

 

ストックヤード

完成の文字が一際大きい、
ストックヤード完成の写真。

ジャンカも無く完璧でした。

スポンサーリンク

 

擁壁のジャンカの対処法!!

このパチンコ現象(勝手に私が呼んでいます)が、
起こらないようにするのには、
ある程度高い擁壁の場合にはモルタル(セメントと砂)
だけの先行材を投入することです。

 

パチンコ玉を飛ばす前に、液体だけを流すんですね。

これでジャンカのリスクは多いに減ります。

 

「それだと、下の方はモルタルだけで強度が足りなくなるだろ!!」

とおしかりの声を受けそうですが、問題ありません。

 

擁壁は、しつこいぐらい振動をかけるのが鉄則です。
ジャンカが起きやすいので、
入念に振動棒によるバイブレーションを、
しなければならないんですね。

大抵、高周波バイブという強力な、
振動機を内部に挿入すると共に、
壁バイブという枠の外から掛ける振動機を併用します。

 

そこまでの規模でなければ、
外からハンマーで叩くだけのこともあります。

 

しつこく振動すると、
どうしても砕石だけ先に沈みやすいのです。

だから、バランスがとれて問題ないのです。

 

逆にあんまりしつこく振動させ過ぎると、
砕石が沈下し過ぎて上の方が、
強度不足になりがちかな💦と心配するぐらいです。

 

この辺の感覚って、正直よくわかりません。
擁壁は兎に角難しいんです。

ジャンカが怖いんで、
振動は掛け過ぎるぐらい掛けてしまいます。

 

技術者のジレンマかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

まとめ

これから擁壁工事を依頼する方に、
アドバイスができるとしたら・・・

できるだけ経験の豊富な技術者に、
依頼した方がよろしいということぐらいです。

 

ジャンカが出来ると施主さんも作った側もショックです。

どうかこの世からジャンカが無くなりますように。

私のトラウマも無くなりますように。

コンクリート現場打擁壁
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*