新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

お墓の【香炉の種類】は?墓石との組み合わせ選び方の基準とは!?


お墓を建てる機会は、
一生のうちにそうそうあるものではありません。

多くの方は一度こっきりであり、
一度建てるとそう壊れるものではなく、
何世代にも渡って受け継がれてゆくものです。

 

それだけに、お墓を建てる際には、細かい部分。

香炉や水鉢などについても、
意味を理解して自分に合ったものを、
選ばれるべきだと思います。

 

お香は「仏様のお食事」ともされる、
仏教の儀式には欠かせないものです。

そのお香を備える大切な香炉。
こだわりたい方もいらっしゃると思います。

 

お墓に使用する御影石製の香炉の種類と、
選択基準について紹介していきます。

それでは、
お墓の【香炉の種類】は?墓石との組み合わせ選び方の基準とは!?
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

お墓に利用する御影石の香炉の種類は大きくわけて3つ。

お墓によく利用されている御影石でできた香炉。
代表的な3つの形をご紹介させていただきます。

 

お墓参り 香炉

①宮型香炉(屋根付香呂)

香炉に屋根の付いた、少し豪華な形の香呂です。
墓石でも高級型に合わせるとよく映えます。

お墓を豪華に見せたい時、
高級感を持たせたい場合に最適です。

 

お墓 御影石 香炉

②角香炉

シンプルな形のよくある香炉です。
あっさりとしているので、
お石塔もシンプルな形のものによく合います。

 

先祖代々の個人墓や夫婦墓の前に置いてみたり、
お地蔵様の前に置いてみたりと汎用性が広いのも特徴です。

また、形がシンプルですので、
加工手間が安く、価格も安くなります。

 

お墓 御影石 香炉

③経机香炉

経机香炉は、高級感と利便性を兼ね備えた香炉です。
経典等を置くスペースを設けた香炉になります。

メリットといたしましては、
お坊さんが拝む際に仏具や経典をそっと置けるので、
拝みやすくなるかと思います。

 

また、自分でお墓参りをする際にも、
お線香をちょっと置いてみたり、
カバンの中を探るのに手に持っているものを、
仮に置いておくさいに重宝します。

今回、ご紹介させていただいた3種類の香炉以外にも、
最近はデザイン墓が増えてきていることもあり、
様々な形の御影石の香炉が増えてきています。

 

スポンサーリンク

 

御影石製の香炉を選ぶ時のポイント。

御影石の香炉を選ぶ時のポイントですが、
香炉はあくまで付属品になります。

お香を上げるための場所であり、
メインである石塔や石碑、
お地蔵様等に合わせたものを選択するようになります。

 

高級型の石塔に、角香炉は、
シンプル過ぎてもの足りなく感じるし、
シンプルな標準型の石塔に宮型香炉でも、
返って浮いてしまう場合があります。

その辺は、バランスを考慮して似合う、
香炉を選択するのがよろしいでしょう。

 

その中でも、特に推薦するのは、
デザイン製と利便製を兼ね備えた経机香炉です。

法事や大切な行事の際にも、
お坊さんが拝みやすいというメリットもあります。

そういった宗教的な意味合いを、
考えましても合理的な香炉と言えます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

お墓に用いる御影石製の香炉について説明してきましたが、
いかがでしたでしょうか?

 

大切なポイントは、お墓に合った石塔であるのか?
そして、仏教的な意味合いも考慮して選択しているのか?
というところだと思います。

自分のお墓に合った納得のできる香炉の選択に、
役立てていただければと思います。

お墓参り 香炉 本小松石
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*