新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

茨城県桜川市の石材彫刻家、浅賀正治先生のアトリエにお邪魔してきました。


左から浅賀正治さん、ゾーヤ・レコバさん、エミル・バチィースキーさん

地元茨城の誇る、石材彫刻家である、
浅賀正治先生の工房にお邪魔してきました。

浅賀先生の彫刻作品は、
表情が朗らかで、優しいものが多いです。

そうかと言えば、
雄大で存在感のあるモニュメントも作られます。
それでは、
茨城県桜川市の石材彫刻家、浅賀正治先生のアトリエにお邪魔してきました。
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

石材彫刻家 浅賀正治(あさが まさじ)プロフィール

  • 社団法人太平洋美術会会員
  • 羽黒石材商工業協同組合会員
  • 株式会社綜合美術工房代表取締役社長
  • 山形県東田川郡藤島町(現・鶴岡市)出身
  • 茨城県桜川市在住
  • 1985年 第7回ブルガリア・ガブロボ国際ビエンナーレ金賞
  • 1987年 第8回ブルガリア・ガブロボ国際ビエンナーレ入賞
  • 2004年 ブルガリア共和国名誉証受賞
  • 2005年 国際交流基金地球市民賞

地元の真壁高校で毎週水曜日に、
石彫刻の指導をされています。

国際交流も盛んにされていて、
積極的に文化交流もされています。

石材彫刻以外にも、幅広く活動されています。

 

石の彫刻 浅賀正治とともに
↑こちらで奥様がブログを書かれています。

浅賀先生の奥様、
私は直接お会いしたことがないのですが、
私の実家のパン屋さんには、
よくお目見えになるそうです。

関節的に、両親からお話しは伺っています。
いつもありがとうございます。

 

浅賀先生の作品は、ほのぼのとしていて暖かい!

先生の作風は、どこかほのぼのとして、
暖かいです。

ほんわかしていて、愛らしい。

ちょっと失礼かもしれませんけど、
親しみやすくて、気さくな、
浅賀先生本人に通じるものがあるように思えます。

 

どのくらい気さくかと申しますと、
本日、私が、社会実習で高校生を引率していて、
真壁高校の生徒を2名連れて、
突然お邪魔させていただきました。


ちょうど作品を制作中だったのですが、
貴重な時間をかれこれ30分以上も、
割いていただいて、熱心に説明をしていただきました。
浅賀正治 茨城県 石彫刻
話の内容は、多聞に富んでいて、
彫刻の話だけでなく、
土木建築技術にまで及びます。

『コンクリートは、石の延長線上』
という言葉には驚かされました。

浅賀正治 茨城県 石彫刻
石こうで模型を作ってから、作品作りに入ります。

この石こうの模型だけでも、躍動感があり、
素敵な作品になることを予感させます。

浅賀正治 茨城県 石彫刻
引率の高校生も見入っています。

浅賀先生は、外国の作家さんとも交流が深く、
こちらの抽象的な作品群は、
アトリエに滞在中に作成していったものだそうです。

うちでも稲田石を提供させていただいたりしています。

浅賀正治 茨城県 石彫刻
こちらは、浅賀先生らしい作品です。

動物たちを彫ったものですが、
ほのぼのとしていて、優しい表情をしています。

この彫刻は、例えば玄関先に置いといて、
お年寄りが、ちょっとした時に手を置いて、
体重を掛けることができるものをイメージしたそうです。

こういった作品が玄関にあったら、
気分がほっこりしそうですよね。

 

浅賀正治先生は、スケールの大きなモニュメントも凄い!

浅賀正治 茨城県 石彫刻
愛らしい作品を制作したかと思えば、
大胆で巨大なモニュメントも作成されています。

こちらの作品、高さは7mあり、
石の総重量は250t、生コンは300tも使用したそうです。

浅賀正治 茨城県 石彫刻
高校生と比較すると大きさがわかりますよね。

弊社でも、稲田石を提供して、
加工及び施工に携わらせていただいています。

浅賀正治 茨城県 石彫刻
浅賀先生、東京書院で作成した、
高校の教科書にも掲載されています。
そして、なんとこちらのモニュメントも載っています。

スポンサーリンク

 

まとめ

人柄とか人相は、
作っている彫刻にも宿るという話を聞いたことがあります。

表情が優しい浅賀正治先生が作られた作品が、
どこかほのぼのとしていて、愛らしいのは、
先生に似ているからなのかな?
と感じてしまいます。

 

浅賀正治 茨城県 石彫刻
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*