新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

お墓の疑問!?特定の地域に出回る【極端に低品質で〇〇】な墓石について!


G688Hという中国産の石種があります。

私が見かけるG688Hは見る石が全て、
サビが酷くでていて、この石は、
そういう性質の石なのだと思っていました。

墓石の劣化状況②~見事にサビが出るG688Hのお墓

ところが、実際にはG688Hだからといって、
全てにサビが出るはずではないのです。

でも私が見るG688Hはことごとくサビが出ていました。
同じ石種でそんなことってあるのでしょうか?

その秘密にいくつかの仮定を立てながら、
迫ってみたいと思います。

それでは、
お墓の疑問!?特定の地域に出回る【極端に低品質で〇〇】な墓石について!
をお送りします。

 

スポンサーリンク

 

茨城県には、サビが出るG688Hが多い!

気候によってサビが出やすい?

茨城県で建っているG688Hのお墓は、
本当にサビが出ているものが多いのです。

それもちょっとしたサビじゃなくて、
ブワーッと広がるヒドイものが多くなります。

他の石種と比較しても段違いに目立つので、
私は、てっきりそういう石種だと思っていました。

しかし、実はサビが出にくいG688Hがあるのです。

天然のものなので、絶対に出ないとは言えませんが、
私が見てきたG688Hと比較すると、
明らかにサビが出ないG688Hが存在するのです。

 

寒い地域だと風化作用が早いが・・・

この事実を教えてくださったのは、東京の石屋さんです。

実際に、いくつかG688Hのお墓を見せてもらいましたが、
私が知っている同じ石種と思えないぐらい、
サビが出ていませんでした。

そこで仮定したのが・・・

茨城県は、東京やその近辺と比較すると、
冬の寒さが違います。

この差ってけっこう大きくて、

  • 凍結融解
  • エフロレッセンス

の影響を受けやすくなり、風化作用が早くなります。

なので、選ぶ石種も施工方法も、
寒さに強いものを選定した方が良くなります。

 

G688Hも茨城県の寒い気候が作用したのでしょうか?

でも、寒い気候だからサビが出やすいというのは、
あまり聞いたことがありません。

 

スポンサーリンク

 

実は、〇〇なG688Hが出回っていた!

御影石の品質は一つとして同じものがない

御影石は天然のもので、一つとして同じものはありません。

お墓に利用しようとして、切ってみたら、
模様があったり黒い玉が出たり、
墓石として利用できるものではないなんてことが、
しょっちゅうあります。

それだけに、お墓に使用する、
原石の選定は、シビアな部分であり、
非常に気を使います。

選定に漏れた原石は、品質の悪いものであり、
一度は、お墓の用途に適さないと判断された石です。

サビが出やすい原石もありますが、
通常は、原石の選定の段階ではじかれてしまいます。

 

ただし、中には、商魂たくましい方がいて、
そういう石でも流通してしまうんですね。

そういった原石は、低品質なので、
格安で取引されます。

 

格安なG688が出回っていた!?

あまり考えたくないのですが、
茨城県で私が多く見かけたG688Hが、
この格安な原石を加工したものだったのかもしれません。

同じG688Hでも、サビが出ないお墓があるのを見ると、
悲しい事実ですが、それ以外に考えにくいです。

小耳に挟んだ話だと、
低品質で格安なG688Hが実際に流通していたそうです。

それが、同時期に茨城県で多く広まり、
異常にサビが出るG688Hのお墓ばかりになってしまったとうわけです。

それを見た私がG688Hをサビが極端に出る、
墓石に適さない低品質な石と判断したわけですね。

 

浅はかな判断でしたが、
そんな露骨に品質が悪い墓石が出回るという、
事実が想像できませんでした。

同じ墓石を扱うものとして、
にわかに信じがたい話です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

私が、G688Hのサビについて書いた記事は、
事実ではありますが、風評被害になってしまいました。

墓石の劣化状況②~見事にサビが出るG688Hのお墓

後で、記事の訂正をしておきます。

しかし、ある意味、より深刻な問題であると感じます。

 

国産墓石であることを証明するための、
産地証明書の偽造が出回ったそうです。

産地証明書の偽造を確認

日本石材産業協会が発行する国産石材産地証明書の偽造
(コピー)書面の流通がこのほど確認されました。

同書面を見た石材業者がコピーだと気づき、
協会事務局に連絡が寄せられて発覚したもの。

同協会では現在、
業界内へ広く注意喚起を促しています。

参照元:日本石材工業新聞のFacebookページ

 

日本石材産業協会の理事であり、
兵庫県支部・支部長である㈱第一石材 能島社長の記事です。

良いお墓づくりための基礎知識(3)国産墓石は全体の20%しかないのか?

中国・日本の石材事情に詳わしい、
能島社長の記事はいつも参考にさせていただいています。

 

実際にこの業界で実務に携っていると、
能島社長のおっしゃることが良くわかります。

残念ながら、こういったことがまかり通っているのが、
現在の墓石業界です。

お墓を購入する石材店は慎重に選びたいものですね。

中国産墓石の品質劣化状況 G688H
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

5 件のコメント

  • お世話になります!

    688について
    688ってそんな状況にもなるんですね。
    この辺ではあまりそういった噂は聞きませんが・・・
    直近で使用したので、
    (お客様より688を指定されて。自前で調べたか相見積もりかな?)
    経年変化を確認していきたいと思います。

    まぁ私には秘密道具、
    Jワックスのサビ落としがあるので、
    サビに関してはあまり怖くありませんけど(笑)

    国産墓石について
    世の中にはくだらん連中が居ますねぇ。

    中国産も国産も使う当店では、
    産地証明を偽造する意味などあるの?って感じです。

    確かに国産にこだわる方もいらっしゃいますが、
    当店では国産石に関しては、
    開けっ広げに、
    中国加工と国内加工について説明しちゃいます(笑)

    それを踏まえた上で、
    「全て国内で!」
    と仰る方もいますし、
    「うーん、見た目が変わらないなら安い中国でいいや」
    という方もいます。

    説明をせずに国産国産!と謳うのは、
    ちょっと違いますよね。

    でも、
    【中国産墓石】と銘打つのも、
    ちとズレていますよね。

    やはり加工場所の明記をすれば、
    済む話なのではないかなーっと思います。

    • 米陀さん、コメントありがとうございます。とりあえず、G688とG688Hとでは違います(笑)
      詳細な話は個別にします。ちょっと根の深い話なので、米陀さんのように真面目に商売をされている方には、耳を疑うような話かもしれません。

    • 真面目に商売をされている石屋さんにとっては頭にくるような実情もあるんですよね。
      そういったことも消費者のお墓離れに一役かっている側面もあると感じます。
      そういったことも、是正していきたいという気持ちがあります。
      とは言っても大っぴらに言える話でもなく、難しい部分もあるんですけどね。

  • あら、赤っ恥w
    アルファベットが付くだけで全然違ったんですね!
    クンナムのEやXとか、
    614のCとかDは、
    ほとんど同じなので、
    そんなノリかと思っちゃいました(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *