新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

中国の石材彫刻は雑だと言うけれど、どれぐらい雑か日本と比較してみました。


『中国加工は、細かい部分が雑だ!』

これは、まことしやかに墓石業界でささやかれている言葉です。

中国産でも、石材加工工場にランキングがあって、良い工場では、素晴らしい加工をするらしいですが、ひどいものはとことんヒドイです。(個人的な感想)

お墓でも、曲面を多用しているのは良いのですが、デロデロになっていたり、磨ききっていなかったりと、見た目の派手さと、よ~く見た時の適当さのギャップが凄いことになっている場合があります。

この辺が、中国クオリティと呼ばれるゆえんでしょうか。

 

と日本でお墓をつくる会社がぼやいていても『商売絡みだからだろ!』とお叱りを受けて終わってしまうので、実際に比較をしてみました。

弊社の作家が期間も手間暇もかけて、魂こめてつくった作品と、生産性を重視した量産品との比較で卑怯と言われるかもしれませんが、参考までに写真を載せてみます。

ただ、日本だと例え
『量産品で質を落としても良いから安くつくってくれ!』
と言われてもここまでヒドイのはつくらないよなぁと。

それでは、どうぞ!お楽しみください!

 

スポンサーリンク

 

中国と日本の石材彫刻の比較

いくら口で言っても、わからないと思いますので写真での比較です。
まずは、どうぞご覧ください。

こちらは、弊社の若林作の雲の彫刻です。
茨城県で作られた国産の石材彫刻

そして、下の写真が中国製の雲の彫刻

中国産の石材彫刻こちらは、弊社の若林作の波模様の彫刻

茨城県で作られた国産の石材彫刻

こっちは中国産。

中国産の石材彫刻

 

スポンサーリンク

 

そして、下の写真は若林作の宮型香炉とハスの彫刻。2枚続きます。

茨城県で作られた国産の石材彫刻 茨城県で作られた国産の石材彫刻

羽黒石材工業の若林は、立体感があり、躍動感に満ちた作品を彫ります。

今度は、中国製の彫刻。

中国産の石材彫刻

遠めに見るとすばらしい作品に見えます。

中国産の石材彫刻

真近で見ると角が立ってなく、蓮華帰花のふくらみもべこべこだし、筋彫りもぐにゃぐにゃ・・・。

正に大雑把とう言葉が当てはまります。

中国産の石材彫刻

一部、加工中に欠けたのでしょうか?補修してある部分もあります。全体的に雑です。

中国産の石材彫刻

でも、パッと見は整って見えます。いい塩梅でもそれなりに見えてしまう不思議です。

写真だとどうしても平面に見えてしまうのでわかりにくいかもしれませんが、実物を比較するともっとハッキリと、歴然とした差があります。

弊社の若林がつくった細かく丁寧に作りこまれている作品は、真近でみると胸を打つものがあります。
精度というか作り込みの度合いの違いですね。

 

お墓の磨き加工なんかも、パッと見では、違いはわかりません。

が、けっこう違いがある場合もあります。

中国でも工場次第ですが、ヒドイところはヒドイ。

磨きも曇ったような磨きになっている場合もあります。
大抵、表面に光沢材とか塗って初期の段階ではわかりにくくなっています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

どうでしたでしょうか?日本と中国の加工精度の違いがわかりましたか?

日本の一流の石工との比較なので、一概には比較できない部分もありますが、それでも、日本人と中国人の『どこまで仕事をきちんとやるか!』のさじ加減は違うような気がします。

 

日本では、職人を大切にし、技術力のある人は尊敬されます。
中国の場合は、若干、商売っ気が勝っているような気がします。

立場的に日本よりなので、うがった見方もあります。
話半分に聞いてもらえればよろしいかと思います。

茨城県で作られた国産の石材彫刻
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*