新しいブログに移転しています→ おはかのなかのブログ

お坊さん便の『法事・葬式・戒名』のお布施は明瞭会計!問題点はないの?


お墓を扱う商売をしていますと、一般のお客様から『法要でお坊さんにお経を読んでもらった際のお布施代はいくらなの?』と質問を受けることがあります。

お布施は、お寺に寄進する「宗教行為」なので、金額に決まりはありません。

しかし、これは建前で、大抵、相場というものがあります。

 

石材店がお布施の代金を言うのも変な話なので『ご住職様にご相談ください。』と伝えることが多いです。

でも、この受け答え、よく考えると変なんですよね。

お布施は、あくまでお気持ちなので、ご住職に相談するのも矛盾しているのかな?と感じてしまいます。

ただ、私は、お寺にも施主様にも責任を負えないので、話をふっているだけですね(笑)

 

でも、これって、施主にとっては、真剣な問題ですよね。

お坊さんを派遣するという、Amazonのお坊さん便が全日本仏教会の反発もあって話題になりました。

法事・葬式・戒名のお布施、明瞭会計をうたっていますが、わかりやすいとうのは施主の安心につながります。

ただ、諸手を挙げて賛成!という風にはいかないんですよね。お坊さん便にも問題点があります。

その辺も含めて検証していきます。

 

スポンサーリンク

 

理想の葬式・法要のお布施とは?

お布施の意味合いは、お寺とのつながりに左右される

以前もこのブログで触れました。
浄土真宗別格本山西念寺でのお稚児さんの様子。お寺との関わり合いを考える。

私は、お寺との付き合いを続けることに価値を見出しています。

法要によるお経も、いつも来ていただいている親しいお坊さんに読んでもらえると安心します。

代々続いている菩提寺のお坊さんにお経を読んでいただいた方が、ご先祖様も喜びそうですよね。

 

寄進としてのお布施の相場については、ざっくばらんに父親がお坊さんと相談して決めているようです。

菩提寺と良好な関係を築いていて、お坊さんい法要をしていただくこともありがたいと感じる、これがお布施システムの理想なんだと思います。

ただ、私のようにお寺との関係を大切にして、お布施システムを理解しているのは、少数派になってきているのかもしれません。

 

お寺と檀家の付き合いが薄れている

「葬式仏教」と揶揄されることも

最近のお客様だと、極端な話「菩提寺の宗派がわからない。」なんて方もいらっしゃいます。

それだけ、お寺との関係が薄れてきているということですね。

「葬式仏教」なんて揶揄されることもありますが、お寺は(我々石材店も同様ですが)人が亡くなることで儲けているなんて言われることもあります。

お寺の檀家になりたくないという方もいらっしゃるでしょう。

だったらAmazonで単純明快にお坊さん便に頼んだ方がいいじゃん!』ってなるのかもしれません。

 

『明瞭会計で後腐れなし!合理的でクリック一つでお坊さんを発注!』

合理的でいいのかもしれませんが、ありがたみは薄れそうですよね(笑)

宗教儀式って合理性とは別のところにあるものだし、正直微妙だとは思います。
(個人的主観)

でも、お寺との関係性がなければ、そうなってしまうのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

Amazonお坊さん便は安いのか?

葬式・法事のお布施はそれなり

お坊さんの法要のお金の話になってしまうと身も蓋もない話で、本来のお布施の意味とはかけ離れてしまい、そこに全日本仏教会も反発しています。

ただ、そんな全日本仏教会に疑問を持つ消費者が多いのも事実です。

Amazonお坊さん便はけっこう市民権を得ているんですね。

お寺側もこの事実は、きちんと受け入れなければならないと感じます。

 

そこで、肝心のお坊さん便のお布施の価格ですが、法要で35000円・葬式で55000円だそうです。

茨城県の周辺のお寺の相場からすると、同等からやや高額になります。

ネットで販売しているからといってけしてお坊さん便が安いわけでもありません。

 

お坊さん便の戒名代が破格!

戒名の位は、高い方から

  • 院居士・院大姉
  • 院信士・院信女
  • 居士・大姉
  • 信士・信女

となっていきます。

 

お坊さん便では、戒名代が信士・信女で20000円からという価格設定ですね。

一番位が高い院居士・院大姉でも200000円です。

戒名のお布施金額は、2万円~100万円が相場と言われているので、院居士・院大姉の戒名代が、かなりの低価格ということになります。

ただし、これに関しては、正直微妙だと感じています。派遣のお坊さんに戒名を付けてもらうのでしょうか?それともお坊さん便の親会社であるみんれびで。

戒名とは、受戒し仏門に入った者に授ける名前で、日蓮宗では法号、浄土真宗では法名と言います。

信士、居士などの位は 位号と言って本来は信仰のあつさや性別を表すものです。

信仰のあつさを金額の大小で表すことはできませんが、なんか釈然としません。
(主観)

 

お坊さん便の戒名は、自分で戒名をつける場合との差別化が曖昧に?

最近は、自分で親や自分の戒名を付ける風潮もあるようですが、これは形だけで、意味としては、きちんとした僧侶につけてもらわないと薄いと感じています。

派遣されたお坊さん、もしくは、お坊さん便の親会社が戒名をつけるのはわかりませんが、自分で戒名をつける場合との差別化があいまいになってくるような気がします。(主観)

 

Amazonお坊さん便は派遣業

会計で考えるお布施の違い

Amazonお坊さん便は、中間業者が存在していて、お坊さんを派遣するシステムになっています。いわゆる派遣業です。

つまり中間マージンが発生するわけですね。

全日本仏教会では、葬式・法要によるお布施を収益事業とすることに異を唱えていました。

本来の宗教の寄進であるお布施の意味とは違ってしまうからです。

 

お布施は税金が掛かりませんが、派遣業であるAmazonお坊さん便のマージンは収益なので、税金が発生します。

会計的な視点から見ると、あきらかに意味が変わることが理解できます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

『Amazonお坊さん便』についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

葬式・法要でお坊さんに読経してもらうお布施、受戒し仏門に入った者に授ける戒名代を、気軽に手配できるお坊さん便。

特に、戒名代の安さは、既存のお寺にとっては脅威でしょうね。

時代の流れというか、消費者のニーズもあるようですし、お坊さんを派遣するというサービスが出てくることは必然だったのかもしれません。

本当、合理的で便利な方向にどんどん流れていっていますよね。

今回の記事は、個人的な主観からの意見が多くなりました。

宗教観や価値観の違いが出るので説明が難しいです。

見苦しい部分もあったかもしれませんが、失礼しました。

お坊さん便 法事 葬式 戒名
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*