間知ブロックの施工方法を順を追って説明、積み方・他の土留工法との価格の違い・間知石との違いなど


間知ブロック 施工方法 積み方 単価

一昔前は、間知石を利用して土留擁壁としていることが多く、茨城県産の稲田石もよく利用されていました。

最近では、単価が安く施工が容易な『間知ブロック』が良く利用されています。

石屋さんとしては、『間知石』の方が、年月と共に風合いが出ておススメなんですけどね。

 

いかんせん、価格が高く、石を一つ一つ整形して当てはめていくので手間が掛かります。

その点、間知ブロックは、形が決まっているので、バランスを見て重ねていくだけなので、便利ですね。

そんな間知ブロックについて書いてみます。

 

スポンサーリンク

 

間知ブロックメリット・デメリットと単価

間知ブロックは土留の目的で利用されます。一般的なL型擁壁などの土留構造物と違い、斜めに傾斜をつくりながら積んでいくので構造的に強いというメリットがあります。

また、価格も安く済む場合が多く、掘削土量も少なくて済み、施工も容易です。

デメリットは、傾斜を設ける分、上の土地が狭くなることですね。土地を有効活用したい場合などはL型擁壁などの他の工法の選定も検討した方がよろしいでしょう。

間知ブロックは、間知石やL型擁壁と比較しても価格が安く済みますが、その他の諸条件を鑑みて採用するかどうか選択しましょう。

 

間知ブロック施工の様子

間知ブロックの基礎は斜めに打設

間知ブロックのコンクリート基礎は、写真のように斜めになる部分を設けて打設するのが本式です。

平らにコンクリートを打設して、間知ブロックで調節して積んでいく方法もあるようですが、土圧は、斜めに積んだ間知ブロックを通じて、斜め前方に向って力が加わってくるので、斜めに打った方が強くなります。

間知ブロック 施工方法 積み方 単価

因みに写真で黒板を持っているのは私です(笑)

 

間知ブロックの根石を並べる

間知ブロック積みの一番下のブロックを並べていきます。黒板に『根石』と書いてありますが、正確には『根ブロック』です。

でも、業界的に『根石』と読んでしまいます。元々は間知石をコンクリート2次製品で作ったものですからね。

根石の間知ブロックを並べていきます。

間知ブロック 施工方法 積み方 単価

間知ブロックは間知石と違って、形が定まっているので施工は容易です。でも、下からきちんと積み上げていかないと、上になればなるほど歪みが出てきます。

間知ブロックは、コンクリート製品なので、目地が開いてきたり高さがズレたりと目に見えて施工の上手・下手がわかってしまいます。

その点、間知石は、一個一個整形して大変なのですが、不揃いなので、細かい違いがわかりません。

 

スポンサーリンク

 

間知ブロックを積み重ねていく

根石部分の間知ブロックの裏側に生コンを打設する為の枠を取付け土を埋め戻して抑えます。

間知ブロック 施工方法 積み方 単価

そして、生コンを打設し、間知ブロックを積み重ねてという作業を段数の分だけ続けていきます。

間知ブロック 施工方法 積み方 単価

一番上の段は、間知ブロックの頭を切断して揃えていきます。

間知ブロック 施工方法 積み方 単価

最後に天端コンクリートと小口止めを間知ブロックの両端に打設して終了です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

間知ブロックの施工方法や積み方、単価についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

きちんと施工をすれば、かなりの年月持つのが間知ブロックです。構造的に土圧に対して強い構造になっています。

また、間知ブロックの施工自体が他の土留工法と比較して単価が安いです。

その反面、斜めに施工するので土地が狭くなるというデメリットがあります。

極狭地で、土地をできるだけ広く取りたいとう時には相応しくないです。

 

メリット・デメリットを考慮して、間知ブロックを検討していただければと思います。

間知ブロック 施工方法 積み方 単価
クラウドファンディング成功しました!

このブログの運営者にあなたのお墓を任せてみませんか?

こころ温まる日本品質の【羽黒石材工業製】のお墓。直接施工は、茨城県・栃木県内まで、石材店経由で全国にお届けします。

1 個のコメント

  • お世話になります。建設部門の技術士です。施主からの依頼で間知石(天然石:花崗岩)の水抜き孔を調べました。先端部にコンクリートが流出しているもの,吸い出し防止材がセメントミルクで固まっているもの,何事もないもの様々でした。①吸い出し防止材の施工時期を教えて下さい。②裏込め材として40-0の砕石を使っておりましたが問題はないでしょうか?
    ご多忙の所大変申し訳ございません。よろしくご教示ください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *